子供の食育に関し役に立つ情報を提供しています。

子供の食育における注意点

 

子供の成長において食事はとても大切。食育における注意点は?

 

子供の身長を伸ばすための食育、必要な食材はどのようなものがあるでしょうか?

 

納豆や豆腐など、いろいろ言われていますが、成長期のお子さんに欠かさず食べさせていたものは何でしょうか?

 

身長の伸びにとって良い食べ物はこれといってありません。

 

栄養バランスよく食事をとる必要があります。

 

また、特定の栄養素を過剰に摂取しても効果はあまり見込めません。

 

この点、ヒトの体を建築物に例えて考えると分かりやすいでしょう。

 

栄養素とは体を作る材料であり、建築資材は建築物の材料です。

 

建物を建てるための鉄筋が不足しているのであれば鉄筋を、コンクリートが不足しているのであればコンクリートを、木材が不足しているのであれば木材を持って来れば良いのです。

 

体を作るためのカルシウムが不足しているのであればカルシウムを摂取し、たんぱく質が不足しているのであればタンパク質を摂取し、アルギニンが不足しているのであればアルギニンを摂取し、不足を補ってやれば良いです。

 

そして、成長ホルモンの働きが、建築に例えると建築作業に当たります。

 

建築資材を余分に持ってきたところで、建築作業量の限度を超える建築物は作れないので、捨てられてしまうだけになります。

 

栄養素についても同様のことが言えます。

 

日本人は身長を伸ばすのに特に重要な栄養素のうち、カルシウムが大きく不足しがちで、他にマグネシウム、亜鉛が不足しやすいので、これらの摂取量に特に注意を払いながら、たんぱく質など他の栄養素の適正摂取量を心がけるようお勧めします。

 

これらの栄養素が不足しないように注意しながら、コラーゲンなどのたんぱく質、ビタミン各種、カロチン、炭水化物、脂肪などを適度に摂るようにしましょう。

 

納豆や豆腐はたんぱく質が豊富な食材であり、平素の食事でたんぱく質が不足気味であれば、栄養バランスが改善されて身長の伸びにとってプラスになるでしょう。

 

身長を伸ばすためのキーワードは「栄養バランスの良い食事」のほか、「適度な運動」「早寝早起き」があります。

 

運動について、身長を伸ばす(足を長くする)のに適した運動は、縄跳び、バレエ、ストレッチング、ジョギング、なわとび、ダンス、水泳、バスケットボール、バレーボールなどです。

 

睡眠については、成長ホルモンは深い睡眠中に分泌されますが、盛んに分泌される時間帯が夜23時〜3時くらいまでなので、小学生のお子さんには夜8時には寝るように指導してください。

 

また、正しい姿勢を取るよう躾けてください。

 

 

子供の成長に大切な食事を手軽にとるには?

 

栄養のバランスがとれた食事は大事、とはいっても実際には忙しかったり難しい面も多々あります。

 

そんなとき、こちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 初回980円!小学生のためのIQ成長飲料【ノビリッチ】

 


運営者情報

リンク集

 

リンクはフリーです。 

 

続きを読む≫ 2016/03/20 22:57:20

運営者情報

サイト管理者  
名前 かめきち Y.S.

 

 

続きを読む≫ 2016/03/20 22:56:20